未分類

結婚式の招待状の作成と衣装選びをしよう!

招待状

結婚式の場所や日取りが決まったあとは、少しずつ準備を行っていきます。

本格的な準備として、最初に行うのが結婚式の招待状の作成と衣装選び。

これらは、結婚式の8~4カ月前に行われることが多いです。

それぞれ詳しくお話していくことにしましょう。

 

結婚式の招待状の作成

結婚式の招待状は、ゲストをお招きするための大切なもの。

ここでは、結婚式の招待状の作成ポイントを解説していきます。

 

招待状を送るゲストにはあらかじめ打診を

招待状を送るゲストには、あらかじめ電話やメールで招待状を送っていいか打診しておきましょう。

その際には、結婚式の日取りや時間・場所を伝えるのをお忘れなく!

 

両家のバランスを考える

親族を多くお招きする場合は、両家のバランスを考えて!

両親からアドバイスをもらいつつ、お招きする親族を決定すると良いでしょう。

 

招待状は手作りすると節約できる

招待状は、結婚式場に頼むよりも自分たちで作るほうが費用を節約できます。

ネット通販などでは簡単に作成できるキットなども販売されているので、チェックしてみてください。

 

招待状に貼る切手は「寿切手」

結婚式の招待状に貼る切手は、通常の切手ではなく「寿切手」となります。

郵便局で購入できますよ。

いろいろなデザインがあるので、お気に入りの切手を選びましょう。

 

結婚式の衣装選び

結婚式での花嫁と新郎の衣装は、いろいろと迷ってしまうもの。

ここでは、結婚式の衣装選びに関するポイントを解説していきます。

 

試着は納得するまでしよう

ドレスショップには、たくさんの衣装がありますが、納得するまで試着をしましょう。

結婚式まで6ヶ月以上ある場合は、まだまだ時間に余裕があります。

ゆっくり検討してくださいね。

 

両親からのアドバイスも参考に

なかなか決められない場合は、両親からのアドバイスを参考に。

第三者の意見は、とても参考になりますよ。

結婚式の3カ月前には衣装や小物が決まっている状態にしましょう。

 

理想の衣装がない場合は持ち込みもアリ!

ドレスショップに理想の衣装がない場合は、持ち込むことも一つの手段。

ただし、持ち込みOKの式場でも、持ち込み料金がかかるケースがほとんどです。

事前にかかる費用を確認しておきましょう。

 

ブライダルインナーの用意も忘れずに

ドレスが決まったあとは、ブライダルインナーを用意してください。

ドレスショップで購入できるケースも多いです。

 

まとめ

以上、招待状の作成と衣装選びのポイントについて、お話してきまました。

これら2つは、結婚式準備においても大切なもの。

ポイントを踏まえて、しっかり準備を整えてくださいね。

 

-未分類

関連記事

契約

ブライダルフェアに行き結婚式場契約と契約する!

結納や顔合わせを済ませると、いよいよ結婚式に向けての本格的な準備がはじまります。 ブライダルフェアの参加や結婚式場との契約は、結婚式の7~6カ月前に行われることが多いです。 それぞれ詳しくご紹介してい …

婚約指輪

婚約指輪を購入して結納を行う!

両家から結婚のお許しをもらうと、正式に婚約となります。 婚約指輪の購入や、結納は結婚式の8~6カ月前に行われることが多いです。 それぞれ詳しく確認していくことにしましょう。   婚約指輪の購 …

演出

披露宴のプログラムの検討をしてブライダルエステに行こう!

結婚式の準備として、ドレス選びなどと併行して行うのが、披露宴プログラムの検討やブライダルエステ。 これらは、結婚式の8~3ヶ月前に行われることが多いです。 それぞれ詳しくチェックしていくことにしましょ …

挨拶

結婚報告をして結婚式のイメージを決める!

  彼からのプロポーズを受け、いざ結婚。 結婚報告・結婚式のイメージ決めは、結婚式を行う10~8カ月前に行います。 それぞれ詳しくチェックしていくことにしましょう。   結婚報告 …

招待状

招待状の発送して料理や引き出物を決めよう!

結婚式もだんだんと近づき、いよいよ結婚式の招待状の発送。 また、ゲストに招待状を発送しつつ、料理や引き出物を決定します。 これらは、結婚式の3カ月前に行われることが多いです。 それぞれ詳しく確認してい …